CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Twitter
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
思いつきと雑感。サブカルな人です。
<< 日本人の体形を10年ぶり大規模調査 | TOP | 坂本龍一は良いね >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |

フジテレビが音楽著作権事業を買収

フジテレビジョン(東京都港区)とフジパシフィック音楽出版(同)は10日、大手音楽出版、シンコーミュージック・エンタテイメント(千代田区)の音楽著作権事業を買収したと発表した。
フジ・ミュージックパートナーズを設立し、音楽著作権の取得、管理、開発を行います。今回のシンコーミュージック・エンタテイメントの洋楽音楽の著作権(約7万曲)を行使する権利を得て、他にも邦楽(3万曲)を管理するシンコーミュージック・パブリッシャーズに資本参加し、権利ビジネスの稼ぎと今後のブロードバンド配信時代の下地を着々と築いています。

ブロードバンド配信は、フジの持つコンテンツからの2次的に収益を上げる為に必要となってくるのは間違いありません。ただ現状、円滑に配信を行う事ができせん。それはそこに色々と著作権管理が絡んでおり、その中で難しいのが音楽の著作権管理だと言われています。(海外の曲だと版権元が海外の場合があり、手続きに時間がかかる)そこでコンテンツを素早く配信するためにも自身で著作権を管理する所が必要になっていました。

今回の洋楽の著作権の権利は日本に加え中国を除くアジア地域における音楽著作権利用できるようですので、国内外で利用があると考えれば収益の増加の要因となるでしょう。今後、フジは自身の映像コンテンツと音楽を加えクオリティの高いコンテンツを配信できる組み合わせを考えると、面白い展開になるのではと見ています。しかしながら改めて権利というのは重要な仕組みだなと思いました。

posted by 下園 (shimozono) | 16:55 | 気になった事 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | 16:55 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://bits.jugem.cc/trackback/136
トラックバック