CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Twitter
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site
思いつきと雑感。サブカルな人です。
<< 猿ヶ城ラジウム温泉 その1 | TOP | 渋い。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |

猿ヶ城ラジウム温泉 その2


上流に登って行ったら巨石群が目立つ橋があり、この辺りにあるのだろうと温泉の案内標識が無いか見渡しました。しかし何も無い。民家がぽつぽつとあるが人の気配はありません。地元の人でも見つけるのが大変な温泉です。


橋を渡ると山側に向かって細い道がありました。まさかここには無いだろうと思ったが、温泉は川沿いにあるという情報があったので登ってみる事にした。


何か建物がある。だが温泉という雰囲気がありません。建物の前に自販機があるのでもしかしたらという事で行ってみる。叔父さんがいたので「ここは温泉でしょうか?」と聞いてみたら、叔父さんは番頭さんで温泉との事です。看板も無いしこれじゃわかんないと言おうとしたが、発見した喜びで忘れました。


目立たない所に効能の紹介があった。沢山効きすぎだなー。一言で何て言えば良いんだろう。


温泉には誰もいなく貸しきり状態でした。ラドンは気体との事ですので湯気が逃げないように換気されていませんでした。温泉の温度は37度で水はサラサラとした感じですので結構良い感じ。一人しかいないのでちょっと泳いでみたりして。


温泉からあがったら、番頭さんが売り物の水をサービスしてくれました。それにしてもお客さんが誰もいない。寂しい所だ!しかしテレビ局の取材が来るらしく今日は地元のテレビ局が取材に着たとの事です。
時間があったので番頭さんが紹介もかねて、この温泉が関西のテレビ局で放送された番組をビデオで一緒にみる。レポーターはルー大柴だった。ルーはくどくて嫌いという人が多かったが、私は彼の芸風は好きだったな〜。

ここがブレイクするには場所がきついと思うが、効能としては効いている感じがする。今度知り合いが着た時は連れて行きたい。

posted by 下園 (shimozono) | 19:03 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | 19:03 | - | - | - |
コメント
こういっただれもいない所は、超憧れる。
レトロな感じで良い。
2005/01/08 11:03 by yama
のんびりしてる感じが、いいですね。

温泉行きたいな!
2005/01/08 21:33 by hara
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://bits.jugem.cc/trackback/203
トラックバック